宮永千恵

宮永千恵


大学とWスクールでビジュアルマーチャンダイジングを学び、新卒で入社した商社で営業・バイヤーと並行して、ショーウィンドウのデコレーターを兼任。

やりがいもあり、楽しかった一方、10代からの偏頭痛や肩こり・腰痛をごまかしながら頑張り続けた結果、26歳で入院。退院後も薬漬けで絶不調。 このままでは40歳まで生きないと真剣に考え、残り10年ほどの人生ならやり残したことを全部やろう、と28歳で退職。

以降「一度きりの人生、悔いなく、楽しく」をモットーに生きています。

CM撮影見学で行ったエキストラ現場でモデルに誘われ、ずっとコンプレックスだった長身を生かせるなら、と、モデルに挑戦。 同時に、転校の多かった小学生時代、何かと心の支えだったサッカーへのお礼の気持ちからサッカーライターへ。
28歳から33歳までの5年間はモデルとライターの2足の草鞋生活。有名企業のCM撮影モデルや、恵比寿ウェスティンホテルの写真室モデルのほか、雑誌4社へ寄稿。
様々な業界のトップの方々の仕事ぶりとメンタルを学びました。

2007年フランクフルト政府の取材旅行に招待していただき 「個性を活かした社会、生涯誰もが楽しく学び教え合う社会を作りたい」と目覚め、方向転換。

電車や飛行機の隣の席から不思議なご縁が繋がり、
2007年 インテリジェンスサロン・ブリーズランドのプロデューサー
2012年 「メタ・シークレット・ユニバーシティ」スタッフ兼トレーナー
2015年 「氣アラインメント協会」の理事
など 7社のイベント・セミナー会社の立ち上げや事業運営、講師として関わり、多くの方の人生のリスタートのお手伝いをして来ました。

ブリーズランドのオーナーが風水を取り入れた経営コンサルの先生だったこともあり、 当初は怪しいと思っていた世界に、気づいたらどっぷり17年。 関連事業の手伝いやご縁で受講した講座やメソッドは、ビジネスから自己啓発、心理学、コーチング、ヒーリング、占術まで30以上。

2012年より帝王学の勉強を独自に始め、個人セッションや各種講座を開催。
2021年、協会の閉鎖をきっかけに、鑑定、カウンセリング、コーチング、ヒーリングを一体化したオーダーメイド個人セッション「帝王学ライフコーチ」を本格スタート。

帝王学として伝わる叡智を現代社会に取り入れ、問題や悩みの解決へフォーカスだけでなく、生まれ持った才能(天命)やこれまでの経験を活かし、より豊かに、軽やかに、自然と共存しながら幸せに生きるお手伝いをさせていただいております。

<所有資格>
予防医学指導士
素質論 インストラクター
ウェルスダイナミクス プラクティショナー
JAAアロマアドバイザー
東洋占術研究所 ポテンシャルアドバイザー
着付け技能士 2級

<主な受講・講師> *敬称略
ロジャー・ハミルトン
メル・ギル、Tan Choon Kiang
小田全宏
ジェイ・エイブラハム
アンソニー・ロビンズ


著書

世界の果てで大切なことに気づく100の言葉:かんき出版
空を見上げて大切なことに気づく100の言葉:かんき出版
花をながめて大切なことに気づく100の言葉:かんき出版
夜空に浮かぶ心に響く100の言葉:宝島社

出身地:静岡県、伊豆半島を中心に中東部を7か所

趣味:乗馬、物作り(裁縫など)
世界のトップを目指す人の応援
特技:引き寄せ
好きなもの:馬、マンタ、サックス、ガラスやクリスタルの工芸品、着物
座右の銘:一期一会
家族:

人生の転機は隣の席のご縁から
10代:大学の履修登録で隣の席→Wスクールへ
20代:満員バスの隣の席→サッカーライターの道へ
30代:電車、飛行機、講演会の隣の席から各種仕事へ